« 週末だ! | トップページ | ツアー・オブ・ジャパン(動画) »

2008年5月31日 (土)

投資の日

予報通り、東京は朝から雨だ。
というわけで、まずは室内でメールやお気に入りブログのチェック、そして投資を行った。

僕と妻は毎月、マネックス証券経由で投資信託を購入している。僕たちは共働きなので、お互いのお金を三種類に分けて管理することにした。すなわち、

  1. 僕の預金口座
  2. 妻の預金口座
  3. お互いが出資する資産形成口座

という3種類だ。
そして、毎月給料日の後に、二人で選んだ複数の投資信託にお金を積み立てていっている(いわゆるリスク分散ですね)。今年の1月から始めて、はや半年近く経ったことになる。

僕はこれまで投資なんて全くやったことがなかった。どちらかというと、お金に疎い方であった。どのくらい疎いかというと、ビジネスマンをやってる分際で、僕の大好きな次長から、「雲上人(うんじょうびと)」と呼ばれていたくらいだ。「頼むから、もうちょっと下界のことに詳しくなってくれ。」というのが次長の僕に対する口癖であった。
そんな僕もよくぞここまで成長したものです。はっはっはっ。

さて、僕が投資に興味を持ったきっかけは、経済評論家である勝間和代さんの一連の著作を読んだことにある。
その中でも、お金との向き合い方について詳しく書かれているのが、『お金は銀行に預けるな』という本だ。

お金は銀行に預けるな   金融リテラシーの基本と実践 (光文社新書) Book お金は銀行に預けるな 金融リテラシーの基本と実践 (光文社新書)

著者:勝間 和代
販売元:光文社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

この本1冊で、お金とどのように向き合ったらいいのかについての基本的なところは押さえられるはずだ。元・雲上人がそう言うんだから、本当にそうです。 wink

僕は今までこういった、いわゆる”マネー本”について読んだことがなかった。でもそれはそれなりに理由があったのだろうと思う。巷にあふれているマネー本の背表紙を眺めながら、そこに「楽して儲かる」という安易で非現実的なウソ臭さを嗅ぎ取っていたのではないだろうか。

勝間さんの本はそういったマネー本とは180度姿勢が違う。
素人にも分かる平易な言葉と一貫性のある論理で、お金をめぐる我々の思い込みの数々を一つ一つ解きほぐしていってくれる。
それは、デイトレードやアフィリエイトなどの副業で稼ぐことがどれほど困難かという、巷に氾濫する儲け話への反証だけでなく、「お金は汚い」などに代表されるお金と距離を取ろうとする一般的日本人の思い込みに対する問題提議にまで及んでいる。

ところで、僕はこの本には特別な思い出がある。会社の隣の日本橋丸善で行われたサイン会に参加して、実際に勝間さんにお会いしてサインも書いてもらったのだ!嬉しかったなぁ。勝間さん、お綺麗でいらっしゃった。一緒に行った妻と3人で撮って頂いた写真は今でも大事に保存してある。

つい長々と書いてしまいました。
みなさん、どうぞよい週末を!
(雨でも楽しめます!)

« 週末だ! | トップページ | ツアー・オブ・ジャパン(動画) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1045191/21305862

この記事へのトラックバック一覧です: 投資の日:

« 週末だ! | トップページ | ツアー・オブ・ジャパン(動画) »