« ゴールの設定: トライアスロンと英語 | トップページ | 中国語に興味ありませんか? »

2008年7月28日 (月)

英語: 辞書の購入

ロングマン英和辞典

ものすごく久し振りに辞典を買った。
今回選んだのは、桐原書店の『ロングマン英和辞典』だ。


長期に渡り愛読しているメルマガで、「国際派時事コラム・商社マンに技あり!」というものがある。もう7年近く購読しているはずだ。

「国際派時事コラム・商社マンに技あり!」

メルマガ登録アドレス
http://www.mag2.com/m/0000063858.html

ブログ版
http://plaza.rakuten.co.jp/yizumi/


このメルマガにて、去年紹介されて以来ずっと気になっていたのが、この辞典だ。辞典にしては珍しく、出版当初、丸善丸の内店にて平積みされたそうだ。
というわけで、買うならこの辞典、と決めていた。



終業後、会社の隣の丸善・日本橋店に向かう。目当ての辞典はすぐ見つかった。辞典らしい分厚さだ。ちょっと昼寝する時の枕にぴったりのサイズだ。
箱から取り出して、パラパラとページをめくってみる。なんという懐かしい感覚なのだ。もう、どうやって引いたらいいかすら分からないくらいだ。
カラーなのがいい。間違いやすい用法を的確な例文で示してくれているのも好感が持てる。これ、良いじゃないか!
一瞬でレジに向かった。



仕事の後のクールダウンにふさわしい夕闇の中を家に向かって歩いた。実家の隣に住んでいた宣教師一家と会話したいが為に、死ぬほど英語を勉強した10代の日々を思い出した。
あの頃は"R"と"L"の違いなんて全然分からなかった。仲良くなったカナダ人のJ君が僕に教えてくれた。

「良い方法がある。"Bright Light"って何度も言ってみようよ。」


その日以降、僕はRとLの音が入っているその2つの単語をひたすらつぶやいた。有史以来の日本人の中で、”Bright Light”とつぶやいた回数が最も多いのは、たぶん僕だろう。風呂に入っている時もずっとつぶやいた。
”TH”の発音はどの単語で練習したんだっけ。

良い思い出は、生きる支えになる。一人で暮れゆく都心の街を歩いていたら、それを実感できる。



次はTOEICの問題集を買おう。
最新のものは、相当効率よく勉強できるようになっていることだろう。
楽しみだ。

« ゴールの設定: トライアスロンと英語 | トップページ | 中国語に興味ありませんか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1045191/22614981

この記事へのトラックバック一覧です: 英語: 辞書の購入:

« ゴールの設定: トライアスロンと英語 | トップページ | 中国語に興味ありませんか? »