« 本: リチャード・ブランソン 『僕たちに不可能はない』 | トップページ | 雨の合間にRUN »

2008年8月29日 (金)

夜の集い@銀座

教会メンバーとの集い。
久しぶりに子育てから解放されたM君も参加。4人でゆっくりお話した。
男同士で何気ない話が続くが、週に一度この集いがあるだけで救われる。


自転車のトレーニング中にタクシーにはねられたBlueさんもお元気そうで安心した。オーストラリア人のS君もいよいよ社内の問題に結論が出る。M君もこれを機にまたこのスモール・グループに再参加できそうだ。




~黙想~


”常識は信仰ではない。信仰は常識ではない。”
オズワルド・チェンバーズ、”MY UTMOST FOR HIS HIGHEST”



「常識」で思い出したことがある。
次長と車で同行営業していた時のことだ。

都内の幹線道路で信号待ちをしている時、カトリックの尼さんが横断歩道を渡ってきた。次長とボンヤリ見ていると、なんとその尼さん、手に持っていた空のペットボトルをぽーーんと草むらに投げ捨て、素知らぬ顔で去って行ったのだ。
僕は運転席からずり落ちそうになった。

思わず車の窓を開けて、「おばさん、何か落ちましたよ!」とか言ってやろうかな、と思ったけど、それを察した次長が制止した。
下らない尼さんだ。こんなのが、どこで、どのツラ下げて、誰に対して信仰を語っているのだろうか。

そりゃ、日本でキリスト教は流行らんわ。ニセモノがもっともらしいことを言っても、大抵の人はそれを見抜く。他人はそれほどバカではないのだ。


以上、かくいう僕も気をつけよう、というお話でした。
どうぞ、よい週末を~



« 本: リチャード・ブランソン 『僕たちに不可能はない』 | トップページ | 雨の合間にRUN »

コメント

がっかりする人間を見ることが多いのですが、月面を歩いたり、ドーバー海峡を泳いだり、北極圏を単独で横断したり...アフガンで亡くなられた伊藤さん...尊敬できる人々もたくさんいるので、人間を好きになることをあきらめたくありません。きさんじさんや、Sさん、Mさんのような素敵な人々にお会いすることができるし...

投稿: 青山 | 2008年9月 2日 (火) 13時06分

そうですね、ちょっと気を抜いていると、悪いこと、嫌な人のことばかり延々と考えている自分がいることに気がつきます。良いことよりも悪いことで心を満たす方が、実は簡単なのでしょうね。気をつけたいものです。
レース後、また男同士の夜を過ごしましょう!

投稿: きさんじ | 2008年9月 2日 (火) 21時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1045191/23339574

この記事へのトラックバック一覧です: 夜の集い@銀座:

« 本: リチャード・ブランソン 『僕たちに不可能はない』 | トップページ | 雨の合間にRUN »