« 約束の有明 | トップページ | 仕事がさらに忙しくなる »

2008年9月 7日 (日)

本: 大前研一、『ザ・プロフェッショナル』

ザ・プロフェッショナル Book ザ・プロフェッショナル

著者:大前 研一
販売元:ダイヤモンド社
Amazon.co.jpで詳細を確認する



以前から読みたいと思っていて、ようやく読んだ。
下手に自己啓発本を乱読するよりも、こういうちゃんとした本を吟味しながら読んだ方が、自分の仕事のやり方を的確に見つめ直しやすいのではないだろうか。


”プロフェッショナルは感情をコントロールし、理性で行動する人です。専門性の高い知識とスキル、高い倫理観はもとより、例外なき顧客第一主義、あくなき好奇心と向上心、そして厳格な規律。これらをもれなく兼ね備えた人材を、私はプロフェッショナルと呼びたい。
厳しすぎるでしょうか。私はそうは思いません。まだ足りないと思っているくらいです。” (P.40)




昨今流行っているビジネス関連の自己啓発本で、「高い倫理観」とか「厳格な規律」に価値を置く著作は、一体どれほどあるのだろうか。
僕は、こういうまっとうなことを、ちゃんと言う大前さんが好きだ。




~トレーニング~

朝、5kmRun。故障が怖いので、10KmRunはレースまでに1~2度やるだけにした方が無難であろう。自分の足はまだそこまでできていない。
平日の3kmRunを丁寧にこなすことに主眼を置くべきだろう。


雷鳴とどろく中、ベランダのローラー台でBike15分。たまには、こういうのもいいかもね。



~黙想~

”ところがある人たちは、死海のようであり、受けるばかりで、注ぎ出すことを知らない。”
 オズワルド・チェンバーズ、”MY UTMOST FOR HIS
HIGHEST











« 約束の有明 | トップページ | 仕事がさらに忙しくなる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1045191/23573835

この記事へのトラックバック一覧です: 本: 大前研一、『ザ・プロフェッショナル』:

« 約束の有明 | トップページ | 仕事がさらに忙しくなる »