« 何をそんなに焦っているのか | トップページ | Bond MBA: レポート用データ収集 »

2009年2月 2日 (月)

魚のクイック調理法

My_fair_lady
”My Fair Lady”、今週の花(妻命名・撮影)  





塩鮭や塩タラなら、フライパンでざっと火を通せば、短時間でおいしく調理できる。
同じフライパンにキノコをたっぷり入れてもOKだし、グリルの清掃も必要ないから、後片付けの時間も短縮できる。



共働きでも、工夫すれば、平日の夜の家ご飯でも魚を楽しめる。今夜は塩鮭を堪能した。
Blueさん、素敵なお知恵をありがとうございました!










~黙想~

”結局のところ、もうすべてが聞かされていることだ。神を恐れよ。神の命令を守れ。これが人間にとって全てである。”(旧約聖書 伝道者の書12:13)
 



これも、今の僕にと、妻が選んだ。
今夜は、写真から何から全部妻にお願いした。


あぁ、まだまだ心に余裕がない。頭の中で、思念が上滑りしているのを感じる。
でも、そんな時があっても良い。
せめて、そう思ってから眠りにつこう。
















« 何をそんなに焦っているのか | トップページ | Bond MBA: レポート用データ収集 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1045191/27718659

この記事へのトラックバック一覧です: 魚のクイック調理法:

« 何をそんなに焦っているのか | トップページ | Bond MBA: レポート用データ収集 »