« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

2009年5月31日 (日)

友人のテレビ出演

Ikoma_flower
”鈴の音”、(妻撮影)  





教会メンバーの張景子さんがテレビに出演される、と聞いたので、妻と視聴した。


「ここがヘンだよ日本人」で有名になったケビンなどと丁々発止とやり合う迫力は健在だ。溌剌としていて、今日も綺麗ね。



こういう風にテレビに出られている方が、今僕たちが座っているソファで一緒にくつろがれていたこともある、というのが、不思議な感じがするね、と妻と話していた。




来週からは、妻は景子さんの中国語教室で特訓を開始する。中国留学で培った語学力に磨きをかける絶好のチャンスだ。
こういった、なかなか得難いチャンスに巡り合えるのも、東京ならではだろう。



景子さん、また北京ダック食べに行きましょう!











| コメント (2)

2009年5月30日 (土)

静かな土曜日

Sentou
”頂き”、日本橋  





雨上がりの中、夜の礼拝に行って来た。
しっとりとした雰囲気の夜、会う人も普段以上に穏やかな印象だ。



礼拝後、礼拝堂でぼんやりしていると、インド人の牧師先生が笑顔で話しかけて下さった。手には野球ボールが握られている。巨人軍のラミレス選手のサイン入りだ。同じく今夜の礼拝にいらっしゃったようで、僕の斜め後ろあたりに座っていらっしゃたようだ。



一緒に志村けんの「アイーン」をやれたら、パーフェクトな週末になったのになぁ。








| コメント (0)

2009年5月29日 (金)

クレームな一週間

Cross
”交差”、日本橋 




久しぶりにクレームやら事故やらで大変な一週間だった。昨日なんて、上司が夜中の12時に現場に呼び出されていた。



まぁ、こんな時もある。
でも、5年前に東京に来た頃と比べると、ずっとマシな感じがする。



そう思えるのは、東京の街の中で、一人きりではない環境がしっかりと築きあげられているからかもしれない。




そういえば今週は、外に出ればスイム朝連会でお世話になったここのさんにも久しぶりにお会いできた。家に戻れば妻がいた。週に一度は、信仰を共にする仲間が家にいらっしゃる。
そして今夜、帰宅してみると、マナブ君からユーモアたっぷりの絵葉書が届いていた。





金を追いながら働いている自分が必要とするものは、金では買えないものなのね。








~黙想~

”金銭を愛する者は金銭に満足しない。富を愛する者は収益に満足しない。これもまた、むなしい。”(伝道者の書5:10)










| コメント (0)

2009年5月28日 (木)

ブログも1年

Bank_of_japan
”瀟洒(しょうしゃ)”、日銀 






気がつけば、ブログを始めてから1年が経った。
初めてやってみたけど、こうして続けられて良かったと思っている。



Blueさんに勧められてブログを開設した当初は、トライアスロンのトレーニング日記としての側面が強かったが、デジタル一眼を買ってからは、なんでもありの写真日記のようになってきた。
それはそれで良いのかな。



ブログ2年目は、ネットを通じた人との交わりを、もっと積極的に求めていきたい。










| コメント (2)

2009年5月27日 (水)

良い出会いに恵まれた日

Sentokun
せんと兄さん: 東京で頑張ってるみたいやな
僕(奈良から上京): あ、はい
せんと兄さん: 誰か可愛い娘、紹介してくれよ
僕: え?

奈良アンテナショップ、日本橋






スイム朝連会やポタリング(自転車散歩)企画でお世話になっているここのさん勤務のお店にお邪魔した。防衛省の目の前にある、アメリカン・ブランド、キャノンデールの専門店だ。



もう、ここのさんにお会いしただけで、こちらも元気になってくる。
キャノンデールの新作の数々を、分かりやすく説明して下さる。
妻と一緒に新しい自転車で、あちこちを走り回っている光景が浮かんでくる。


良いお店だ。
自転車買うなら、こういうお店が良い。



~~~~~~~~~~

夜は、我が家で教会メンバーとの食事会。
新しい方がいらっしゃる。
強烈な個性を放つ男性だ。



日本の学校に見切りをつけたご両親の方針のもと、ホーム・スクーリングで教育を受けたJさん(漢字違いだが、僕と同じ名前だ)。日本の義務教育は一切受けておられない。
20代後半の若さで、外資系金融機関で主要な職務をリーダー格で果たされている。




僕は久しぶりに大きな衝撃を受けた。
現在の自分が、どれだけ小さくてぬるま湯にまみれた世界にいるかを、はっきりと認識することができた。




こういうガツンとくる出会いができるのも、東京ならではだ。
(嫌味ではなくて)、自分がどれほど小さい人間かを実感できる機会を持てるというのは、得がたい経験だと思っているわけよー。








~黙想~

”まことに、あなたは私の魂を死から、私の目を涙から、私の足をつまづきから、救いだされました。”(詩篇116:8)








| コメント (0)

2009年5月26日 (火)

日本橋散歩

Nihonbashi_bird
”麒麟”、 日本橋  





クリスチャンの集まりの一つである、International VIP Clubの1支部が日本橋で月に2度ランチをしている、ということで、開催予定の今日、会社そばのレストランを訪れてみた。



でも、誰も来ていなかった。
どうやら、しばらく休会されるそうだ。

・・・・不況の影響?








~黙想~

”何事も、不平や理屈を言わずに行いなさい・・・・・・世の光として輝くためです。”(ピリピ2:14~16)










| コメント (0)

2009年5月25日 (月)

オリンパス新製品

Kiku_2
”根津の菊”、 今週の花   





オリンパスが決算説明会にて、新型カメラを6月15日に発表すると正式にコメントした。

デジカメWatch中の記事
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/dslr/2009/05/13/10823.html







Micro_four_thirds_2
オリンパスの決算説明ページより
(上記はモックアップ。6月15日に正式に発表されるものは、これとは大きく異なるらしい)





僕が去年初めて買ったデジタル一眼がフォーサーズ規格というもので、小型カメラの代名詞であったが、今回の新作は更に小型化を追求したマイクロ・フォーサーズ規格のものだ。
見た目はまさに、レンズ交換ができるコンパクト・デジカメといったところだ。





E420を買って以来、すっかりオリンパス・ファンになってしまった僕には、たまらないニュースだ。株、買っておこうかな・・・・

それに、この大きさなら、平日の通勤カバンにしのばせるには、ちょうどいいじゃないか。




・・・あとは、妻の説得か。
とりあえず今夜から、毎晩マッサージしてあげよう。







| コメント (0)

2009年5月24日 (日)

疲れた時は

Kuma_bath
”副題:最近弱腰なわが身に告ぐバスソルト” 





東急ハンズで見つけた、ユーモア・センスあふれるバスソルト。
北海道のメーカーのものらしい。





今夜、早速試した妻によると、

「ハーブティーの中にちゃぽーんと浸かっている感じ」だったそうだ。
発汗作用もあり、若草色のお湯の色になごみながら、思わずウトウトしたらしい。



たまには、こういう遊びもいいね。

さぁ、次は、僕が入ってこよう。








| コメント (0)

2009年5月23日 (土)

トイカメラ

Toy_camera  
”Mr. Camera”、 渋谷   




妻がキモ・フェロ(着物・ガールズ・フェローシップ)に出かけたので、渋谷のトイカメラ・ショップに出かけた。

いつも買っているカメラ日和という雑誌の最新号に出ていたお店だ。




HOLGAやLOMOやスメ8などの有名どころから、ユニークなものまで各種取り揃えてある。
トイカメラをじっくりと見て触ったのは、これが初めてだ。



お店を訪れるのは、僕よりずっと若い人たちばかりだ。
雑誌で特集していたので興味を持ったトイ・カメラだけど、ちょっと僕の年代の遊び道具ではないかな、という感じ。




かわりに、同じく店内に陳列してあったオリンパスの中古フィルム・カメラに興味をそそられた。

試しにファインダーをのぞいてみる。
うっすらと青味がかかった景色が広がる。
味があって、グッきたさー。









| コメント (0)

2009年5月22日 (金)

キモ・フェロ

Conrad
”大反射”、 汐留  




明日、妻はキモ・フェロだ。

キモ・フェロ=きもち悪いオジサンたちとのフェローシップ(交わり)、とかじゃなくて、着物ガールズ・フェローシップだ。



着物好きな女の子が集まって、町中を散歩して遊ぶ。
明日は谷根千(谷中・根津・千駄木)を訪問するそうだ。



そういう週末の遊び方も、ユニークで良いね。














| コメント (2)

2009年5月21日 (木)

絵葉書

Donut
”たとえば、ドーナツ”  




マナブ君から、ドーナツ型の絵葉書が届いた。
相変わらず、文章もユーモアたっぷりだ。



公認会計士試験の勉強で大変なマナブ君が、明るさと軽やかさを失わないでいるのに触れると、大したこともしてない自分が、つい小難しい顔をしたがる馬鹿馬鹿しさを思い知らされる。



やっぱり、明るくなくちゃね!
光になるのが大事よね。




~黙想~

”私と死との間には、ただ一歩の隔たりしかありません。”(サムエル記第1 20:3)



そういう気持になって、自分を追い込んで営業しろ!なんていう上司がいたりしませんか?

「大きなお世話です~」、と笑顔で答えましょう。









| コメント (0)

2009年5月20日 (水)

にぎやかな夜

Sokokoko
”其処此処(そこここ)”、 日比谷公園  





週に一度のスモール・グループに、新しい方が参加された。妻の友人の女性だ。



日本生まれ、イギリス育ちのMさん。
初対面でも社交性抜群で、すぐに打ち解けて下さった。




毎週水曜日は、職場や学校で体験した、なかなか言葉にできないような内に秘めた思いを、ゆっくりと分かち合う日だ。

週の半ばに、そういう日があるのが良い。





「10,000人の写真展」には、皆さん無事に応募できたようだ。
来年もまた参加したいなぁ。
来月からパリに旅行されるMさんにも、そう申し上げた。


きっと素敵な写真を撮って来て下さるはずだ。









~黙想~

”というのは、すべての人を救う神の恵みが現われ、私たちに、不敬虔とこの世の欲とを捨て・・・・・”(テトス 2:11~12)






「神は大事だけど、欲とお金はもっと大事だ!」という、そこのあなた!
今度、ゆっくり一緒に飲みましょう。





| コメント (0)

2009年5月19日 (火)

聖書辞典

Shinise
”異なる時間”、 銀座    






教会メンバーで作ったスモール・グループで、テーマに沿ってディスカッションを始めた時に、前提となるキーワードの定義について、共通のイメージを持っていないが為に話が進まない、ということがよくある。




そういうわけで、銀座にある教文館を訪れて、辞書を買うことにした。
随分いろいろ出ているが、今回は、新教出版社の辞典を選んだ。
説明がひとりよがりでなく、分かりやすかったからだ。



明日のスモールグループで早速活躍してくれるかな。







~黙想~

”まことに、そむくことは占いの罪、従わないことは偶像礼拝の罪だ。あなたが主の言葉をしりぞけたので、主もあなたを王位から退けた。” (サムエル記第1 15:23)













 

| コメント (0)

2009年5月18日 (月)

フェアトレード

Fair_trade
”ケニアから来たバラ” 




妻が無印の花屋さんで、フェアトレードによるケニア産バラを買ってきた。

とても珍しい発色だ。土を感じさせるナチュラルな色味だ。



賃貸住宅に住んでいるので、壁に釘を打ち付けて、絵画を飾るわけにもいかない。
でも、こうして毎週妻が選んできた花が部屋にあると、十分に目を楽しませてくれる。







~黙想~

”役にも立たず、救いだすこともできないむなしいものに従って、わきへそれてはならない。それはむなしいものだ。”(サムエル記第1 12:21)









| コメント (0)

2009年5月17日 (日)

結婚報告

Nawatobi2
”縄跳びは、みんなで”、 日比谷公園





礼拝中、教会メンバーのフィリピン人男性が、日系ペルー人女性との結婚を発表した。


そのフィリピン人男性は以前、電車内でスリに間違われて、嫌な経験をされた方だ。


お祝いを申し上げたら、始終笑っておられた。よっぽど嬉しいのね。
来春の結婚式には参列するぞ!
Iさん、おめでとうございます!








「10,000人の写真展」に応募する写真を専用台紙に貼り付けた。無事締切に間に合いそうだ。

同じく、写真展に参加する錦さんとも教会でお会いした。錦さんも今日応募されるそうだ。

しかも、僕と同じく「ネタ系」で勝負らしいじゃないかー!
楽しみだなぁ。





お金をかけて、どこかに行ったり何かを買ったりする楽しみもいいけど、こういう風にクリエイティブに遊ぶのも、とても良いリフレッシュになる。








| コメント (0)

2009年5月16日 (土)

写真決定

Two_towers
”新旧二塔”、 銀座・新富町  




「10,000人の写真展」の写真を選択した。


今は、プリントもネットで注文できる。
ビックカメラのウェブサイトに画像を送信したら、数時間後には最寄りの店舗でプリントされた写真を引き取れる。



自分で撮った画像を、4切ワイドみたいな大判プリントに仕上げるのは、これが初めてだ。

「グッとくる写真」を選択できれば良かったのだけれど、案の定、ネタに走って逃げたさー。


それでも、大判プリントに仕上げてみると、すごく良く見える。
良い経験ができた。




みんなも準備できたのかな?
締切は20日だ。






| コメント (0)

2009年5月15日 (金)

ゆっくりしたい週末

Hanahana  
”流されない時間”、 日比谷公園  






10,000人の写真展」用の写真を選んで現像する必要がある。
締切は、来週水曜だ。


でも、まだ全然決まっていない。
まずいなぁ、切羽詰まってネタに走って逃げそうな予感がしてきたさー。



グループ・メンバーの都合で、明日からの軽井沢旅行が延期になった。
良い機会だから、久しぶりに家でゆっくりすることにしよう。







| コメント (0)

2009年5月14日 (木)

インドの極左

Syouyou
”逍遥”、 日比谷公園  





最新号のニューズ・ウィークに、インドの毛沢東主義派(毛派)の極左反政府武装組織についての記事があった。



推定人口約11億人のうち、8億3600万人は1日当たりの所得が米ドルにして0.45ドル以下で、そうした貧困層の8割近くが毛派の支配下の州に集中している、という。・・・・本当かな?ちょっと数が大げさなんじゃないの?
それに、貧困の主要因を毛派だけに結び付けているのも、なんだか極端な論法に感じるけどね。



掲載されている地図を見ると、主にインドの東部を中心とした分布となっている。

記事中の州においては、地元の警察官は恐怖のあまり、めったに警察署の外に出ようとすらしない、とある。
法的秩序が完全に崩壊している状態だ。



インドの毛派の存在はもちろん、毛派と貧困の関連性についても知識がなかったので、驚いた。



”BRICSのインド”だけでは、あまりに表層的なイメージしか持っていなことになるのね。





| コメント (0)

2009年5月13日 (水)

テキーラで二日酔い

Kuma_and_roses_2
”今週の花”、妻撮影  





夜遊びした次の日に限って、いつもより早起きする必要があったりする。

そして、こんな日に限って、昨夜一緒に夜遊びした次長と同行営業だったりする。





ひどい寝起きだった。
近年まれに見る二日酔いだ。

理由は分かっている。ルーマニアン・ガールに鼻をつままれながら、テキーラを無理やり流し込まれたせいだ。





今回接客してくれた彼女たちは、オーソドックス(正教会)のクリスチャンだった。

「正教会の礼拝って、東京でやってるの?」と聞いたら、

ニコライ堂」でやってるわよ」と教えてくれた。

ニコライ堂って、今でもちゃんと使用されていたのね。







~~~~~~~

打って変って、今夜は清らかに教会のスモール・グループだ。

メンバーの女性が仕事で転機を迎え、年内にも渡米することになりそうだと聞く。

いろいろな人生がある。










| コメント (0)

2009年5月12日 (火)

次長と、夜の打ち合わせ

Alone_3
”そこで、ひとり”、皇居   





久しぶりに、次長と夜の打ち合わせ。



2次会は、もちろん、錦糸町のロシア人居住区(?)だ。
ルーマニア出身のガールズから、熱烈歓迎のもてなしを受ける。



ルーマニア:  「ねぇ、奥さん、怒らない?」

ジャパン: 「マサカリ持参で怒ります~」

ルーマニア: 「でしょうね~ ハッハッハッ」

ジャパン: 「ハッハッハッ、ハラショー・・・・・」







もちろん明日は、妻が起きる前に出勤だ。



| コメント (0)

2009年5月11日 (月)

熱砂の日

Blessing
”祝福”、 丸の内  







~黙想~

”現在の環境があなたの人格を変えた時、神がその環境を変化させる。”(礼拝メッセージ)




前半の主語は、「環境」だ。
「私」が、「環境」を変えた時・・・ではない。


そして、「環境」という主語の主語は、「神」だ。









| コメント (0)

2009年5月10日 (日)

良い陽気で陽気者

Hiroba
”広場のにぎわい”、 東京ミッドタウン  





良い天気で、会う人たちも明るかった。

教会も満席で、大いに盛り上がった。








~黙想~

”胎児であったわたしをあなたの目は見ておられた。わたしの日々はあなたの書にすべて記されている/まだその一日も造られないうちから。”(詩篇 139:16)







| コメント (0)

2009年5月 9日 (土)

月光荘

Rakko_painting_1_3
”満月の隅田川”、妻作品  





今日は満月だなぁ、と考えていたら、「月光荘」という銀座にある画材屋さんのことを思い出した。


妻がそのお店の存在を見つけて以来、一度行ってみたいと話していたお店だ。




店名は、与謝野鉄幹・晶子夫妻がつけたそうだ。
1917年創業の店内は、味があって居心地が良い。




地下に降りていくと、カフェがあった。

部屋の角に小さなテーブルが2卓ある、僕好みの空間だ。
迷わずコーヒーを注文して、静かな店内で妻とひそひそ話を楽しんだ。




満月の夜に彩りを添える体験ができた。

| コメント (0)

2009年5月 8日 (金)

虹の出た週末

Bike_girl
”その、ひととき”、日比谷公園   





朝から大雨で、首都高はあちこちで事故だらけだった。



夕方、しばらく雨があがった時、虹が見えた。
虹を見るなんて、いつぶりだろう。





運動不足で肩が痛い。

体の硬い僕は、このままでは、間違いなく四十肩発症だろう。

やっぱり、スポーツやった方がいいかな。




明日は、満月だ。
楽しみだなぁ。








| コメント (2)

2009年5月 7日 (木)

白鳥ニュース

Lehman
”日経平均9,000円台回復オメデトウ!heart”、六本木 






NHKの夜9時のニュースを見ていた。
山口県で、白鳥に妙に好かれるオジサンの話をやっていた。


そのオジサンがやって来ると、白鳥がものすごく興奮する。池から上がって、オジサンを追いかけまわす。


いつも同じ服を着ているからなのか?ということで、オジサンに違う服を着てもらうが、それでも白鳥はちゃんとオジサンを認識した。



「一体どうしてなのか、私も教えて欲しいですよ」
と、オジサン。



そして、次のニュースへ。


・・・・・・・え?・・・・終わり?


えーーーーっ!!





ちょっと待ってくれ、NHK。

夜9時台に敢えてこのニュースを取り上げた意図は、一体どこにあるのか?
しかも、素朴な疑問をなんとなく投げかけてみて、専門家の意見を聞くこともなく、それで終わりって、どういうことよ。




疲れがドッと出たさー。
もう寝よう。







| コメント (0) | トラックバック (1)

2009年5月 6日 (水)

本場のカレーを堪能

Real_curry
”香辛料”  





インド人の牧師先生が、我が家で本場のカレーを披露して下さった。


本場の香辛料を使っての、豆・ポーク・マトンの3種類のカレーだ。
妻がアシスタントをしながら、秘伝の調理法を伝授して頂く。




どのカレーも素晴らしい味だ。
仕上げのチャイとインドのお菓子で、パーフェクトに本場のテイストを堪能できた。



良い連休だった。
締めくくりがインドというのも、洒落ている。







| コメント (2) | トラックバック (0)

2009年5月 5日 (火)

国際子ども図書館

Shitatari
”雫(しずく)”、 六本木ミッドタウン 





大学図書館で働いている妹のお供で、上野公園にある国際子ども図書館へ。こんな国立の図書館があるなんて知らなかった。



世界中の絵本が展示されてある。
良い刺激を受けた。






午後、先日食べてすっかり気に入ったコールド・ストーンを再訪。

注文したアイスクリームを、店名通りの冷たい石板の上でトッピングとミックスしてくれる。


ミックス中に店員の女の子たちが歌をうたってくれるのが、楽しい。







夕方に妹が帰郷した。
離れていても、たまにこうして東京で再会して遊べるのが良い。







明日はGW最終日。
インド人の牧師先生がいらっしゃって、本場のカレーを作ってくれるのです!






| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 4日 (月)

都心は大混雑

Coach
”静止した破片”、 銀座   





久しぶりに会う友人たちと、自由が丘でランチ。
ものすごい人だ。



午後は東京ミッドタウンへ。
ここもすごい人。



夕方に銀座で妹と待ち合わせ。
歩行者天国の中央通りが、完全に人で埋まっている。



GW中の東京は人が少ないのかな、と思っていたけど、観光スポットは、どこでも大変な人だかりだった。




僕たちも、遠出はしないかわりに、普段なかなか会えなかった友人に会えて、良い連休になっている。











| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 3日 (日)

六本木散歩

Yashiki
”あの森の家”、 日比谷公園   





妹が上京したので、妻と三人で六本木へ。


ミッドタウンをゆっくり散策。
庭園も良いし、ビル内の店舗も良い。

すでに妻は再訪を誓っている。
・・・相当な散財が予想される。




夜は、景子さんに教えて頂いた中華料理店へ。
中国人が太鼓判を押す、中国茶房8だ。
3人で大笑いしながら、お腹いっぱい食べた。



六本木ヒルズから見える東京タワーが、綺麗だった。







| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 2日 (土)

そして、GW

Haniwah
”太古の静けさ”、 日比谷公園   




どこに行くというわけでもない、ゆったりとしたGWが始まった。


今夜は、銀座で妻と食事。
交際が始まった思い出の店だ。
こうして、折にふれて訪れるようにしている。



明日からは、妹が上京してくる。
都内でゆっくり遊ぼう。








| コメント (2) | トラックバック (0)

2009年5月 1日 (金)

ようやく抜糸

Viron
”晩餐会前”、 丸の内  





親知らずを抜いて一週間。
今日は抜糸だ。


鈍痛は依然として続いている。
どうやら、しばらく鎮痛剤は手放せないようだ。



どこにも行かないGWだが、それもまた良いだろう。








~黙想~

”あなたがたを治める王の権利はこうだ。王はあなたがたの息子を取り、彼らを自分の戦車や馬に乗せ、自分の戦車の前を走らせる。”( サムエル記 第1 8:11)









| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »