« The Boom の写真 | トップページ | 温度差 »

2009年7月 1日 (水)

MPA@Gallerie Le Deco

Namida_no_toh
”糸杉と村”、井の頭公園  




営業で渋谷に来る用事があったので、渋谷駅から徒歩5分のGallery Le Decoで開催されている、MPA(Medical Photo Association)写真展を訪れた。



医療系大学12校の写真部による合同写真展だ。
古いビルを味のあるアートビルに改装したような建物の2Fに、これまた味のあるエレベーターで運ばれていく。



受付に若い男性がいる。
慈恵医科大の写真部の方だそうだ。客もちょうど僕一人だったので、一緒に写真を見てくれながら、その都度説明をしてくれる。



学生らしいアイディア一杯の作品ばかりだ。どれも本当に楽しみながら撮っているという感じが伝わってきて、こちらも楽しくなってくる。
自由さが溢れているのが一番だ。




受付男性の作品もあった。全てモノクロだ。
ペンタックスのフィルム一眼を愛用されているとのこと。モノクロの面白さを熱心に語ってくれた。


朝・昼・夜、いつ写真を撮るのが好きですか?と聞いてみると、「昼と夜」ということだった。
「でも、一番好きなのは、真昼の一番強い光の時刻です。」

若さとエネルギー溢れる人ならではの選択だろう。




もう一度、モノクロ作品を眺めてみる。
なるほど、真昼の日光の下で撮影したであろう写真には、そこに存在するモノだけが強く浮かび上がっている。空気の中にあいまいさが含まれるのを許さない、という感じだ。

20歳前後の頃の僕も、こういう潔癖さが好きだったのかなぁ、とふと思った。




人見知りしない学生さんのおかげで、楽しいひとときを過ごすことができた。
笑顔でお礼を申し上げて、エレベーターに乗る。



「写真が好き」という共通項によって、年齢も職業も違う人たちと、出会った途端に打ち解けることができるというのも、なかなかオツなものだ。










« The Boom の写真 | トップページ | 温度差 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« The Boom の写真 | トップページ | 温度差 »