« 初サーフィン顛末記 | トップページ | 柔軟性の必要性 »

2009年8月15日 (土)

久しぶりの昼寝

Stone
”波の記憶”、九十九里浜  




日本橋そばの病院で、再度昨日の傷を見てもらう。
口腔外科の先生もサーファーで、なぜか診察中にサーフィンの話で盛り上がった。
こういう気さくな先生が良い。




幸い、口の中はこのまま縫わなくても治りが早いだろうと判断された。
お昼、ようやく固形物を食した。
そういえば、昨日あんなに体を動かしたのに、食べたのはサーフィン前のパンだけだったので、ものすごくお腹がすいていた。




それにしても、東京は快晴だ。
もう外で遊ぶのはあきらめた。
妻と久しぶりに昼寝をした。
食べて安心したのか、ぐっすり休めた。



アイスクリームを食べたくなって、夜になってから妻と隅田川沿いを散歩した。
東京湾からの風が心地良い。タワーマンション群のともしびを眺めながらゆっくり歩いた。




唇はまだ腫れあがったままだ。
どうか月曜日までに、もう少し体裁の整った顔になっていますように。






« 初サーフィン顛末記 | トップページ | 柔軟性の必要性 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 初サーフィン顛末記 | トップページ | 柔軟性の必要性 »