« 海南島旅行記③ DAY1:広州白雲国際空港 | トップページ | 海南島旅行記④ DAY1:南方航空大飯店 »

2009年9月26日 (土)

ブゴクッ

Oni
”接待で夜遅く帰ってきた僕を迎える妻の顔は、いつもだいたいこんな感じか”、奈良町




シルバーウィーク後、早速次長にお土産を渡す。
白酒と紹興酒だ。


嬉しそうな次長がお返しにと、韓国食材店で買ったという干したタラと牛骨スープのもとをくれた。
なんでも、先日放映されたテレビで観たそうだ。


次長の話によると、韓国では二日酔いの朝にブゴクッというタラの身が入ったスープを飲むそうだ。
ある時、旦那さんが飲み残したブゴクッを奥さんが飲んでみたところ、お肌がツルツルになったということで、美肌効果を期待する韓国女性の間で人気があるとのこと。



今朝、早速妻に作ってもらって一緒に飲んでみた。
なるほどこれはうまい。汁で戻した干しタラが良いダシを出している。
お肌ツルツル効果を期待して、妻も必死に飲んでいる。



ブゴクッの画像を写メールで次長に送信したが返信がない。
起きられない程白酒をしこたま飲んだのだろう。
月曜日、会社に来るかな。








« 海南島旅行記③ DAY1:広州白雲国際空港 | トップページ | 海南島旅行記④ DAY1:南方航空大飯店 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 海南島旅行記③ DAY1:広州白雲国際空港 | トップページ | 海南島旅行記④ DAY1:南方航空大飯店 »