« 海南島 旅行中(6/6) | トップページ | 海南島旅行記② DAY1:日本出発→広州到着 »

2009年9月23日 (水)

海南島旅行記①: 初めての中国

1か月前。

シルバー・ウィーク直前に予定されていた出張が一週間早まることが確定した為、海外に行くことにした。



仕事帰り、いつもお世話になっているHIS京橋営業所のアクツさんのもとへ足を運ぶ。


最初はハワイが良いと思ったが、すでに相当数のキャンセル待ちが発生している模様。

そうか、みんなシルバー・ウィークを狙っていたのね、と出遅れたことにようやく気づいてしょんぼりしていたその時、アクツさんがマジック・カードを切ってきた。



「アジアのハワイ、海南島」



ブラッフだ。
アジアはまだ良い。でもなぜ中国なんだ。

聞かなかったことにしようと思いながら、差し出されたパンフレットを流し読みし始めた。



そしてその時、この写真が眼に入った。


Mandarin_by_his
マンダリン・オリエンタル三亜(HISウェブサイトより)




決まった・・・・
でもマズイ、中国じゃないか。



中国留学経験者の妻から、中国情報はたんまり頂戴していた。各種メディアを通じても、中国情報に触れない日はないくらいの昨今だ。


そしてそれら情報を総合した結果、「バカンスに選んではいけない国トップ10リスト」にはぶっちぎりで入ること間違いなし、というイメージを持つに至っていた。


そう、僕たちは心身ともにくつろげる旅行場所を探しているんだ、いまさら『深夜特急』ばりの旅行をするつもりはない・・・・





アクツさんから、真っ白い砂浜が魅力的なニューカレドニアのパンフレットも頂戴して、家路についた。
もちろん妻は、この「天国にいちばん近い島」の方を選ぶだろう、とほぼ確信していた。




・・・・それにしても、人間の確信とは、いかにあやふやなものなのだろうか。

海南島のパンフレットを渡した途端、妻の眼が輝いた。
そして僕と同様、マンダリン・オリエンタルの写真を見つけた瞬間、歯車が回り出したことを悟った。



マズイ。
本当に中国に行くのか?

嫌だ。




というところから、今回の旅行は始まった。





Diary








« 海南島 旅行中(6/6) | トップページ | 海南島旅行記② DAY1:日本出発→広州到着 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 海南島 旅行中(6/6) | トップページ | 海南島旅行記② DAY1:日本出発→広州到着 »