« 男性の更年期 | トップページ | 水曜日ごとの出会い »

2009年9月 8日 (火)

日比谷線のおばあさん

Syoyo
”逍遥”、新宿御苑  



日比谷線に乗っていると、広尾からオシャレなおばあさんが乗ってきた。

僕の隣に座っている男性がすぐに立ちあがって、おばあさんに席をすすめる。
でも、次の駅で降りますからと笑いながらポールにつかまったままだ。



日比谷線は結構カーブが多い。
目の前のおばあさんがグラングランに揺れている。もう見ているこっちが心配で昼寝もできない。隣の男性は今にも立ち上がらんばかりだ。


恵比寿に着いたら、おばあさんが降りた。
「山手線、山手線・・・」と言いながら、ホームを反対側に向かって歩いていく。
ドアが閉まる。
電車が動き出すと、男性がものすごく心配そうにおばあさんを目で追い続けている。


多分この人は、昔おばあさんと一緒に暮らしたことがあるのだろうと思った。







~黙想~

”神の慰めは、自分が快適に過ごすために与えられるのではなく、他の人を慰めることができるようにと与えられます。”(デイリー・ブレッド 9月8日)









« 男性の更年期 | トップページ | 水曜日ごとの出会い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 男性の更年期 | トップページ | 水曜日ごとの出会い »