« 個性あふれる人たち | トップページ | 海南島旅行記⑰ DAY5: 文昌鶏レストラン »

2009年11月 5日 (木)

海南島旅行記⑯ DAY4:大東海②

2009年9月20日@マンダリン・オリエンタル三亜 



~大東海~

Daitk1

海南島には、美しい白浜が続くことで有名な亜龍湾というビーチがあるが、マンダリン・オリエンタルからはタクシーでも少々時間がかかる、ということで、すぐお隣の大東海にやって来た。





Daitk2_2


亜龍湾は、欧米系の高級ホテルが立ち並ぶビーチだが、今回訪れた大東海は、もっと庶民的でローカル色が強い。






Daitk3

ここに座ってビール飲んだら、うまいんだろうなぁ。







Daitk4

テーブルも、南国らしい色の組み合わせだ。







Daitk5

海辺の団らんは、見ているだけで楽しい。






Daitk6








Daitk7

大ホタテ発見で、相棒ラッコも大満足。








Daitk9

海にはまだ随分たくさんの人がいる。








Daitk8

浜辺を歩くことにする。







Daitk10

もうすぐ日が沈む。








Daitk12

大東海は、のどかで良い。
みんな思い思いに浜辺で楽しんでいる。








Daitk13_2









Daitk14

ところで、砂浜といえば・・・






Daitk1a

定番の儀式が始まろうとしていた。





Daitkb

着実に進行していく・・・・






Daitk1c

グランド・フィナーレ







Daitk15

そして夕景もいよいよ終わりだ。






Daitk16

妻も疲れた様子だったので、レストランを探すことに。
各レストランの客引きは激しいが、断ったら笑顔ですぐに引き下がってくれる。






途中、路上にギターを持つ女性がいた。
何かを見ている。

通り過ぎて海鮮レストランにさしかかると、ギターを抱えた少女がたくさんの花を胸に抱えて食事客に売り歩いている。

はっと思い当たって、先程出会った女性の方を振り返ると、街灯の柱に身を隠すようにして、こちらをうかがっていた。







Daitk17

結局、夕食はインタイムホテルの前にあった”Blue Lotus”というロシア料理レストランを選んだ。






Daitk18

店内は完全に欧米風。

若い中国人の女の子がかわいらしい笑顔で接遇。
なんと、ロシア人にはロシア語で堂々と応対している。
ハラショー!





Daitk19

ボルシチ、ロールキャベツ、ポークカツレツを注文。
量も味も良し。価格もお手頃だ。
安心して疲れも取れる。



やがて、生演奏が始まる。
中国人のオジサンが、英語のナツメロのヒットパレードをギターで弾き語り。





Daitk21



プロなのかどうか判然としない歌唱力だが、心はこもっている。


我が青春のU2の、”With or Without You”も歌ってくれたので拍手をしたら、嬉しそうに笑ってくれた。




すっかり満足して、店を出る。
タクシーでマンダリン・オリエンタルへ。
6.5元(約97円)也。




タクシーの窓から、夕方にも出会った片足の男性がまだ路上で立っているのが見えた。






Daitk25




« 個性あふれる人たち | トップページ | 海南島旅行記⑰ DAY5: 文昌鶏レストラン »

コメント

素晴らしい旅行記をいつも見せていただいております。ありがとうございます。

投稿: 青山 | 2009年11月 6日 (金) 14時02分

将来、青山さんと男同士でどこかに旅行してみたいものです。
きっと楽しいだろうなぁ。

投稿: きさんじ | 2009年11月 6日 (金) 21時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 個性あふれる人たち | トップページ | 海南島旅行記⑰ DAY5: 文昌鶏レストラン »