Churches/教会の今

2010年3月27日 (土)

Churches: 生駒ペンテコステ教会③

Itsumademo_2


先週の連休を利用して、妻と奈良に帰省した。
今回の帰省は特別なものだ。



25年前の中学生時代、初めて自分の意思でひとり教会を訪れた。
それが、生駒ペンテコステ教会だ。
前回帰省した折に懐かしく思って教会を訪れたのだが、教会があった場所はすでに更地となっていた。



その後偶然にもNTTの電話番号案内で牧師先生のお住まいが判明し、ご連絡を差し上げたのが去年の秋のことだ。
今回、ついに再会の運びとなった。
感無量としか言いようがない。





日曜日、妹の車で牧師先生の現在のご自宅であるマンションへ。
礼拝は現在、先生のこちらのご自宅にて開催されている。



インターフォンを押すと、すぐに喜島先生が扉を開けて下さった。
笑顔いっぱいで迎えて下さる。
熱いグリップだ。
あぁ、嬉しい。



お部屋にお邪魔すると、先生の奥様もいらっしゃる。お目にかかるとすぐに思い出した。


そしてその後ろには、当時大変お世話になった信徒のコウノさんのお姿があった。その頃と全く変わらない謙虚さと、静かで温かい笑顔で迎えて下さる。
「あなたと最後にお会いしてからしばらくして、脳梗塞になりました。」
とゆっくりとお話になる。
抱きしめたくなった。




5畳の畳部屋での礼拝が始まる。
説教壇は手作りだ。喜島先生の背後には銀色の十字架が光る。
ここが礼拝堂だ。
心のこもった賛美の数々。80歳を越えてもなお矍鑠(かくしゃく)とした喜島先生のユーモアと愛の溢れる説教。先生はずっと立ちっぱなしだ。
窓から降り注ぐ朝日がいっぱいに降り注ぐこの場所は、何一つ欠けることのない、立派な教会であった。




当時と変わることのない喜島先生のお祈りのお言葉に触れていると、初めて教会を訪れた頃の自分を自然と思い出し始める。
中学生時代、電話帳で見つけた教会にひとり初めて足を運んだ僕は、一体いかなる心境であったのだろうか。


当時、教会の玄関脇にあった看板には、有名な聖書箇所が記されてあった。


”疲れた者、重荷を負う者は、誰でも私のもとに来なさい。休ませてあげよう。” (新約聖書 マタイ: 11:28)



初めて教会にたどり着き、この言葉を目にした僕は、


「あぁ、これでもう大丈夫だ。」


と、心の一番深い部分が一瞬にしてほぐれ、温かさで満ちていったことを思い出した。
それは、久しぶりに感じた平安、しかも何か特別な平安ではなかったか。




あれから25年。
誰がこの日に、僕が妻と連れだち、マンションの一室に設けられることになる礼拝堂で、牧師先生や皆さんと再会することを想像し得たであろうか。
「神の計画」という言葉が頭をよぎった。



人生とは、なんというものだろう。
苦悩し、喜び、もがきながら生きてきたこの37年間の人生を、僕はそのまま受け入れようと思った。




机を囲んでおはぎを皆さんと食べた後、教会を辞した。
来る時には黄砂で濁っていた空は、明るく晴れ渡っていた。









| コメント (5)

2009年11月29日 (日)

Churches: 希望聖書教会(三鷹)

Kibou1c

今日は、沙羅ちゃんが牧師見習いをしていらっしゃる希望聖書教会を訪れた。




Kibou1b

三鷹駅の南口を出て、徒歩5分程度の場所にある。
前回訪問してからちょうど1年近く経っている。





Kibou2_2

30名ほどの方々が集う、アットホームな教会だ。
外国人の方も数名いらっしゃる。





Kibou3

今週からアドベント(待降節)という、イエス・キリストの降誕(誕生ならびに再臨)を待ち望む期間が始まったということで、かわいらしいカードも現れた。





Kibou4

今日は賛美礼拝ということで、教会メンバーの方が演奏されるピアノ、ギター、フルートに合わせて、数々の讃美歌を共に歌った。
牧師先生は、バイオリンを演奏された。





Kibou5

礼拝後のランチにも、ご一緒させて頂いた。
本日は、牧師先生の奥様が調理された七面鳥の丸焼きも登場。





Kibou7

トム先生(牧師)が慣れた手つきでどんどんさばいていかれる。





Kibou8

教会メンバーの皆さんが持ち寄ったお料理の数々。





Kibou9a

おいしいお料理を囲みながら、みなさんと楽しくお話ができた。
週に一度、こういうひとときを味わえるだけでも、どれだけ心がなごむだろう。


みなさん、ありがとうございました。





Kibou10







| コメント (7)

2009年11月14日 (土)

Churches: 生駒ペンテコステ教会②

Tegami1



22年ぶりに訪れた教会は、更地になっていた。


東京に戻ってきて、ネットで検索してみても、全く出てこない。

途方に暮れていたら、母から連絡があった。
NTTの電話番号案内に連絡してみたら、住所まで教えてくれた、とのことだった。


現在のお住まいは、教会のあった場所のそばにあるマンションであった。
早速、牧師先生にお手紙をしたためた。






Tegami2


すると、すぐに返信を頂戴した。

83歳になられた喜島先生は、お元気でいらっしゃるようだ。
教会敷地は、50年の借地権が満了した為、地主に返還されたとのこと。



喜島先生のお手紙は、

「貴兄の誕生日に(手紙を)いただいて・・・・・」


という文章から始まっていた。
20年以上経った今でも僕の誕生日まで覚えていて下さったことを知り、胸が熱くなった。




現在も、マンションのご自宅にて、礼拝を継続されていらっしゃるそうだ。

もちろん、年末の帰省時には、お伺いするつもりだ。





Tegami3





| コメント (0)

2009年11月13日 (金)

Churches: 生駒ペンテコステ教会①

Church1
”そこにあったもの”、生駒ペンテコステ教会、奈良県




今から22年前、中学生の時に自分の意思で教会に通い始めた。
電話帳で調べて見つけたのが、自宅の近所にあった生駒ペンテコステ教会だ。



今年の夏、奈良県に帰省した時に、久しぶりに訪れてみることにした。
でも、もうそこには教会はなかった。





| コメント (0)